製造方法によるワインの相違点
健康効果

製造方法によるワインの相違点

私たちが普段何気なく食べているものでも、その製造過程を考えるとさらに美味しく味わうことができる、という経験をしたことはないでしょうか。
同様に、もし、お好きな方であればその製造過程について考えるとよりおいしく味わうことができるかもしれません。

基本的にワインは、ブドウ(果物)の果汁を独自の方法で発酵させたものを言います。
赤ワイン、白ワイン、ロゼなどの種類があり、赤ワインは白ワインの過程にひと手間加えたものと考えてよいでしょう。
もちろん赤、白、ロゼの3種類で語ることはできません。
たくさんの生産地からたくさんの種類のワインが生産され、それらにブランド価値が付与されることもあります。
高級ワインと呼ばれているものは私たちが手を触れることもはばかられるようなものもありますね。
ちなみにワインを蒸留(物質を特定の方法で分離)させたもののことを、ブランデーと言います。
日本でも数社が製造しています。

ブドウの果汁を用いていることもあり、その高い栄養価について触れられるのは多くありません。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、アミノ酸やビタミンなども健康を促進します。
適量を飲むならより健康的にワインを楽しむことができます。


このページの先頭へ