ワインとポリフェノールの関連性
健康効果

ワインとポリフェノールの関連性

それははるか昔から、人々に楽しみを与える飲み物として親しまれてきました
「それ」の歴史は古く、古代にまでさかのぼります。
「それ」とは、ワインのことです。
ワインはアルコールとして飲むだけではなく、高級料理にも多く使われ、私たちの舌を楽しませてくれます。

ワインは適度な量であれば健康を促進することもわかっています。
ワインにはミネラルやポリフェノールが含まれており、他の食物から摂取し辛い成分をワインから摂取することができます。
さて、そのうちのポリフェノールとはどのような成分なのでしょうか。
ポリフェノールとは、主に植物に含まれており、植物が光合成によって生み出す成分の事です。

その効能として、「抗酸化作用」を挙げることができます。
抗酸化作用とは、体が年を重ねるごとに参加していってしまうのを避ける働きのことです。
肌を健康でみずみずしい状態に保つだけではなく、長寿にも効果があります。

しかし、ポリフェノールが体に良いからと言って、飲み過ぎるのもやはり逆効果です。
ワインは比較的飲みやすいものが多いため、泥酔状態になりやすく、飲み過ぎは体に害を及ぼすこともあります。
ですから、飲む量をあらかじめ決めておき、健康に害のない程度に楽しむのが良いでしょう。

このページの先頭へ