ワインと果実酒の関連性
健康効果

ワインと果実酒の関連性

世界で広く親しまれている、たくさんのアルコール飲料。
それらを誤用することによっての悲惨な事件も起きていますが、上手にお酒と付き合うなら、楽しい日常を送ることができますし、適度なストレス発散にもなります。
お酒と言ってもビール、発泡酒、ワインなど数えればきりがありませんが、飲むときにそれらの違いについて気になったことはないでしょうか。

日本でも海外でも広く親しまれているアルコール飲料と言えば、ワインです。
飲むだけでなく、料理にも使われ、特定の銘柄のワインを好き好んで飲む人もいます。
ある種類のワインが解禁日になると話題になることもありますね。
そのぐらい広く周知された飲み物なのです。

ワインとは一般的には、葡萄(ブドウ)酒の事を言います。
ブドウ(果実)の果汁を発酵させて作るもののことを指します。
その発酵過程により「赤ワイン」と「白ワイン」または「ロゼ」といった種類に分類されるのです。

果実酒といっても、ワインの分類と考えても問題はありませんが、用法としては、「果物の果汁」から作られたお酒の事を果実酒といい、ブドウから作られたものを「ワイン」と呼びます
現代ではそのライン引きはあいまいになっていますが、日本でもワインの前に特定の果実の名前を付けることで表現したりもします。


このページの先頭へ