ワインとブランデーの関連性
健康効果

ワインとブランデーの関連性

ワインは世界中で愛されている飲み物の一つですが、ワインとブランデーの違いについてはあまり知られていません。
そもそもワインはブドウの果汁を発酵させて作ったもので、その過程により「赤ワイン」と「白ワイン」に分類することができます。
基本的に赤ワインは肉料理と合いますし、あっさりした白ワインは魚料理等とよくマッチします。
ロゼワインという種類もあります。
では、「ブランデー」とはなんでしょうか。

基本的にブランデーとは、ワイン(果実酒)を蒸留させて作ったもののことを言います。
基本的に度数も40度以上と高く、飲み方もストレートで飲むのが基本です。
ブランデーはもともとスペインで生産されたもので、その後世界に広まっていきました。
日本でもいくつかのメーカーがブランデーを製造しています。

少しややこしくなりますが、「ウイスキー」や「スコッチ」などのお酒の種類とはどう違うのでしょうか。
その一つに原料があります。
ブランデーと異なり、ウイスキーやスコッチ、またバーボンと呼ばれているものは、麦やトウモロコシなどの穀物を原料としています。
それに対し、「コニャック」や「ブランデー」の原料となっているのは果実です。
ですのでフルーツブランデーというものもあります。


このページの先頭へ