赤ワインと白ワインの相違点
健康効果

赤ワインと白ワインの相違点

あなたはワインなら、「赤」と「白」どちらがお好きですか?
白ワインとは基本的にはブドウ(果実)の果汁をそのまま用いているもののことを指し、赤ワインは果汁だけではなく皮や種も一緒に発酵させるものと考えられます。
若干その定義にあいまいさはありますが、作り方は大きく異なります。
製造方法にも何種類かあり、果実の中身をすべて一緒に発酵させる作り方や、果汁を絞り出して発行したり、元から赤と白を混合させるための作り方もあります。

料理への活用方法も違ってきます。
赤ワインは主に肉料理に、白ワインは主に魚料理などにうまく合うといわれています。

しかし、何と言ってもワインは個人それぞれが枠にはまらない楽しみ方をできるということです。
自分好みの銘柄を探しに明け暮れるのも良いですし、度のワインにはどのつまみが合うか、について試行錯誤するのも良いですね。
それぐらいワインは奥の深い飲み物なのです。

しかしやはりアルコール飲料だからこそ、飲み過ぎには気を付けなければなりません。
あっさりしたものだと、気づかないうちに大量に飲んでしまうこともあります。
ですから、普段からある程度の量でセーブする習慣をつけるなら、より健康的にワインを楽しむことができます。


このページの先頭へ