ワインが作られる有名な産地
健康効果

ワインが作られる有名な産地

世界の広大な大地と海では、それぞれがその土地の特徴を生かした産出物を生産します。
古代においてはある一定の地域内でしか生産されていなかったものが、現代では世界で製造されることになりました。
それが、「ワイン」です。

味を分けるのが、その土地の環境です。
良い土、良い気候等の要素に恵まれていないと、真に美味しい果実酒を製造することができません。

生産地としては、ドイツ、スペイン、アルゼンチン、ポルトガルなど、さまざまな地域で生産されており、日本でも製造されているのです。
それらが生まれた環境によって、ワインの呼び名も異なる場合があります。

例えばアルゼンチンで作っているワインは、山のふもとが山地になっており有名にもなっています。
あまり他にない気候のドイツも、ワインの生産には優れています。
またアメリカで作られるワインにはそれぞれの気候の特徴を生かしたワインが製造されています。
これも、ワインが唯一のアルコール飲料であることの証拠となっています。

果実酒と混同することがありますが、果実酒と呼ばれるものとの違いは、その原料にあります。
基本的にブドウの果実を使ったものがワイン、他の果汁を使う場合は「〇〇ワイン」として命名されることが多いです。

このページの先頭へ